イボの豆知識

首や顔のイボは角質粒とも呼ばれている?


たまに、首や顔にイボのような黒っぽい吹き出物がでることがありませんか。これらは紫外線や肌の老化による原因で起こる角質粒ですが、放っておくとイボへと進行する恐れがあります。角質粒は一種の老化現象であり、肌に蓄積された老廃物が紫外線などのダメージにより粒が発生します。


また非感染症のイボともいわれ老化やたまった脂肪の塊が肌荒れの原因にもなり、シミやシワのできやすい体質の方にも多いとされています。紫外線の対策を怠ってる時などに発生しやすく、イボへと進行した場合病院での治療も必要となりますが、進行を避ける予防として自分でケアすることもできます。


発生しやすい他の原因では日頃の食生活や習慣によって脂肪分の摂りすぎや、野菜に含まれるビタミン不足などによって発生しやすくなる恐れもありますので、食生活の改善や睡眠時間の質などの改善によっても体の中からの予防効果が期待できます。睡眠では、人間の体は成長ホルモンを分泌しており、睡眠の間に新陳代謝が行われ細胞である角質が新しく生まれ変わってくるので、重要となります。


また肌の外からのケアでは古くなった角質を取り除く為のピーリング「角質ケア」もあり、薬品を肌に塗り角質を溶かすケミカルピーリングやレーザー治療によるレーザーピーリングなどもスキンケアとして予防できます。スキンケアでは化粧水や美容液も兼ね備えた、角質改善に効果のあるエキスを配合したケア商品もありますし、美容オイルを使ったマッサージで新陳代謝を良くするケアも効果的です。


さらに漢方で使用されるハトムギが老廃物を出す作用効果で医薬品として販売もされ、これらのスキンケアを上手く組み合わせることによって、さらなる角質粒の改善が可能となるでしょう。


やはり毎日のスキンケアは続けることが重要で楽しく楽に行うためにもオールインワンスキンケアなどで、美容法とプラスしながらのケアが続くコツとなるのではないでしょうか。




>>ポツポツ対策ジェル人気ランキングはこちら