イボの豆知識

イボの改善にアロマオイルを使うことができる?


気がつくと皮膚にイボができているということがあります。これは皮膚の良性腫瘍のひとつで脂漏性角化症は、老人性イボなどとも呼ばれています。早ければ20〜30代ほどから出現し、加齢とともに増えていきます。


老化現象のひとつで原因は紫外線によるものになります。紫外線を浴びることで表皮でメラニン色素が作られ、その下の真皮まで紫外線が届かないようにブロックする働きがありますが、このメラニン色素は肌のターンオーバーによって皮膚表面に押し上げられ、角質とともに垢として排出されますが、加齢などによって肌のターンオーバーがスムーズに行かなくなったり、長年の紫外線のダメージによって排出しきれないメラニン色素が蓄積されることでシミとなってしまったり、皮膚が盛り上がって表面がざらざらしたりするなどの変化によって脂漏性角化症となってしまうのです。


また、長期的な紫外線によるダメージは光老化によって皮膚が厚くなったり、色が濃くなるなどの症状を引き起こします。


このイボを取るためには皮膚科での治療が行なえます。液体窒素による冷凍療法やレーザーによる切除治療などが行なえます。ほかにも、首以外にできるヒトパピローマウィルスというウィルスが原因である場合もあります。このような種類のイボにはアロマオイルによる改善も効果的です。


ウィルスが原因の場合には抗ウイルス作用のある精油が良いとされています。抗ウイルス作用の強いティートリーやラベンダー、シナモン、レモンなどのアロマをホホバオイルなどのキャリアオイルとブレンドして気になるイボに塗っていくことが有効だとされています。


老人性イボには、アプリコットカーネルオイルが効果的です。人間の皮脂に多く含まれるオレイン酸とビタミン類が豊富なオイルで、浸透性と保湿効果に優れており肌を柔らかくして、しなやかさやハリを保ってあれた肌を再生する働きがあるためイボ取りだけではなく、スキンケアにも最適なオイルとなっています。




>>ポツポツ対策ジェル人気ランキングはこちら