イボの豆知識

ヨクイニン・ハトムギにはイボを除去する効果があるの?


イボができると、とても目立つため、早く除去したいと考える女性は多いです。イボを除去するためには、様々な方法があります。よく使われているのが、医療レーザーを使った除去方法です。医療レーザーを使った除去は、痛みも出血も少ないです。


昔からある治療法では、液体窒素での除去があります。低温火傷を起こして焼き切る方法なので、痛みを感じる人も多いです。施術後は、傷口から菌などが入らないように慎重にケアする必要があります。


民間療法として知られているのが、ヨクイニンを使ったイボの除去方法です。ヨクイニンは、ハトムギとも呼ばれています。ハトムギは、イネ科の植物で、ハトムギの種の殻を粉砕して乾燥させたものが、ヨクイニンです。


ヨクイニンは、タンパク質やビタミン、ミネラルが豊富で、イボの治療のほかに、吹き出物の治療にも使われることが多いです。ヨクイニンは、体の免疫力を上げることで、イボを除去します。そのため、医療レーザーを使った治療などに比べると、時間がかかることが多いです。ただ、イボの除去に痛みを伴わないので、ヨクイニンを利用してイボの除去を行なう人は多いです。


イボの種類によっては、効果が出にくいケースもあるので、イボの状態を医師に診察してもらい、ヨクイニンの処方を受けた方が安心です。肌をなめらかにするために、ハトムギ茶を愛飲している人は多いです。イボの治療のために、ひまし油や杏仁オイルを使っている人もいます。特に杏仁オイルは、市販されている商品の数が多いため、手軽に購入して使うことができます。


イボの種類は多く、イボの原因となるウイルスの数も多いです。ウイルス性のイボは、他人に感染しやすいので、注意が必要です。気になって触ってしまうと、感染を広げてしまうこともあります。ウイルス性のイボは、数が少ない時に適切な治療を行うことが大事です。イボの中には、悪性のものもあります。ですから、軽い気持ちで放置せずに、イボを発見したら、まずは皮膚科の専門医の診察を受けた方が安心です。




>>ポツポツ対策ジェル人気ランキングはこちら