顔イボについて

顔イボの改善・治療の方法について解説


顔にイボができると、とても目立つので、気にしている女性は多いです。顔にできるイボは、米粒よりも小さいサイズが多いです。ウイルスが原因のイボは、若い女性に見られることが多く、通常は1週間から2週間ほどで消えていきます。ただ、放置していると増殖するケースもあるので、イボを発見したら皮膚科の医師に相談した方がいいです。


加齢によるイボは、老人性イボとも呼ばれ、最初は1mmから2mmくらいだったものが大きくなるケースもあります。イボの多くは良性ですが、稀に悪性のものもあるので注意が必要です。顔イボができた場合、市販されている治療薬やオイルなどを使って治そうとする人も少なくないです。


特に杏仁オイルは、女性の間で人気が高いです。杏仁オイルには、肌に良い成分が豊富に含まれています。杏仁オイルが効果を発揮するのは、加齢によって発生したイボです。皮膚は、老化が進むと乾燥しやすくなります。杏仁オイルを使うことで、乾燥肌に潤いが戻ってきます。そして、継続して杏仁オイルを使うことで、新陳代謝が促進され、肌がなめらかになります。


昔から、民間療法として使われていたのが、ヨクイニンです。ヨクイニンは、ハトムギを原料とした生薬です。昔から、肌荒れやイボの改善に使われており、化粧品の成分としても有名です。ヨクイニンは、イボだけではなく、ニキビやアトピー性皮膚炎の改善にも使われています。美容クリニックでは、レーザーや液体窒素を使った治療を行っています。レーザー治療は、出血が少なく、イボを除去した跡が残りにくいため、利用する人が多いです。麻酔クリームなどで痛みをコントロールできるので、痛みの心配はほとんどありません。


液体窒素を使った治療は、液体窒素でイボを焼いて除去する方法です。液体窒素を使った治療は、保険が適用されるケースが多いので、レーザー治療に比べると経済的な負担が少ないです。ただ、痛みを感じることがあったり、シミが残ってしまうリスクもあります。ですから、イボの状態をチェックして、医師とよく相談した上で治療を行います。




>>ポツポツ対策ジェル人気ランキングはこちら